ミネベアミツミ株式会社センシングデバイス事業部 ミネベア | センシングデバイス事業部 | ひずみゲージを使用した変換器/指示計/引張圧縮試験機の製造販売 関連サイト サイトマップ English site

トップページ > 製品のご案内 > 引張圧縮試験機 > 引張圧縮試験機用データ処理ソフトウェア TgAnest

引張圧縮万能材料試験機

テクノグラフ TGI/TGE/TG シリーズ用 データ処理ソフトウェア TgAnest

特長
  操作や設定がより簡単に
    イラスト表示により直感的な設定ができます。
大きい文字により視認性が向上し、簡単に操作ができます。
試験画面| シングル試験制御設定| サイクル試験制御設定| コントロール試験制御設定| 解析項目設定
試験条件設定画面
レポート出力例
レポート出力例
  クイックスタート機能(30条件)
使用頻度の高い試験条件を登録しておくと、ワンクリックで試験開始画面に移ります。日本語/英語の切り替えが可能
  レポート作成機能の強化
タイトル、試験条件、試験片、グラフ(2種)、結果、コメント、写真等の貼り付けを任意の場所、大きさで、作成が可能
  標準サンプリングモードでは、試験中にサンプリング速度と試験速度が最大4段階で切替可能。
時間:最小10 ms、10 ms間隔で最大10時間まで設定可能。
変位:最小0.001 mm、0.001 mm間隔で、
最大1 000.000 mmまで設定可能。
 

高速サンプリングでは、試験中にサンプリング速度が最大3段階で切替可能。(TGIシリーズに別売機能が必要)
高速 1 ms、5 ms、10 ms、50 ms、100 ms、150 msの設定が最大3段階に分けて設定可能。

  追加試験や結果の順番の入れ替えが可能
  試験片寸法入力も、手入力・エクセル読み込み・電気ノギス入力に対応
  引張、圧縮、3点/4点曲げ、ピール、クリープ、リラキゼーション、サイクル、コントロール(制御条件を自分で作成)に対応。
  ばねやスポンジ試験に対応。高さ、厚さ基準の試験が可能
稼働環境
適合OS:Windows Vista 、Windows 7、Windows 10
CPU:Intel Pentium (Dual core 又は Single core) クロック速度:2GHz以上
搭載メモリ:2GB以上
CD/DVDドライブ:1台以上
USBポート:標準サンプリング仕様の時
シリアルポート:高速サンプリング仕様の時
Windows はマイクロソフトコーポレーションの米国、及びその他の諸国における登録商標です
仕様  
試験の種類 引張、圧縮、三/四点曲げ、ピール
試験モード シングル(引張、圧縮、三/四点曲げ、ピール)、
サイクル(引張、圧縮、三/四点曲げ)・・別売
コントロール(引張、圧縮、三/四点曲げ)・・別売
最大試験本数 バッチ数=100、サブバッチ数=100(最大10 000本/1ファイル)
※サイクル試験1バッチ、1サブバッチ固定
サンプリング時間 標準 10 ms 〜 10 h、高速 1 ms 〜 150 ms
解析項目  
引張、圧縮、三/四点曲げ試験 変位原点、弾性率(Standard、Chord、傾き)、最大点、破断点、
上降伏点、下降伏点、耐力点、中間点(試験力、変位各6点)、
エネルギー、初期引張抵抗度、n値、破断伸び
ピール試験 変位原点、第一極大点、第一極小点、最大極大点、最小極小点、
中間点1〜6点、中間点試験力1〜6点、中間試験力点2〜6点平均、
引裂き強さ、積分/単純/極大点/極小点/極大極小点/大小極大点6点
平均、静/動摩擦係数、コレクション平均
サイクル試験 変位原点、最大点、最小点、MAX折返し点、
MIN折返し点、中間点(試験力、変位各6点)、
エネルギー(増減、正負、サイクル)、ヒステリシス、
ヒステリシスロス、残留伸び
その他の機能 試験条件クイックスタート、予備サイクル、 試験力オートキャンセル、
原点検出機能、
ダウンロード ご利用条件
CADデータ(DXF) 製品仕様書(PDF) 取扱説明書(PDF)
---
No.4990-001 (264KB) リファレンスマニュアル
No.294-1507 (3,940 KB)
解析項目マニュアル
No.294-1506 (1,554KB)
製品仕様書の内容をご覧になるにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerはアドビシステムズ株式会社の登録商標です。
Adobe Acrobat Readerのダウンロードはこちらから