ミネベア | 計測機器事業部 | ひずみゲージを使用した変換器/指示計/引張圧縮試験機の製造販売

トップページ > 新着情報

新着情報
2011.02.10
ミネベア株式会社計測機器事業部
引張圧縮試験機TGIシリーズ販売開始の件

〜高精度・高機能・シンプル操作の新型卓上試験機 TGIシリーズが完成しましたので販売開始致します。〜

概要
制御盤内蔵型変換器用デジタルインジケーター CSD-891B
TGIシリーズは200 N、500 N、1 kN、5 kN、10 kN、50 kN、100 kN、250 kNの8機種です。
特長
業界最高レベルの100万パルス サーボモータを採用し、サーボアンプ位置制御の精度を大幅に向上し、低速・高速域での安定した運転が可能になります。
試験速度範囲は0.0005 mm/min 〜 1 000 mm/minの広範囲を、設定速度の±0.1 %の精度で安定した運転が可能になります。(50 kN以上は500 mm/min)
リターン速度は0.1 mm/min〜1 500 mm/min 任意設定可能です。
(50 kN以上は750 mm/min)
試験力測定範囲は、ロードセル定格容量の1/1~1/1 000の範囲としました。
試験力レンジは2選択方式。
レンジAUTO (精度保証範囲ロードセル容量の1/1〜1/250)
レンジ100(精度保証範囲ロードセル容量の1/100〜1/1 000)
試験力表示はレンジAUTO:1/5 000の分解能、レンジ 100:1/10 000の分解能となります。
標準はJIS 1級ですが、0.5級にも対応します。
JCSS校正については500Nから対応致します。
低容量の要求があった場合はご相談願います。
移動クロスヘッドの位置表示(ポジション値)は6 1/2桁デジタル表示(−符号付き)で最小単位が0.001 mmとなりました。
以下TGEシリーズの機能はすべて採用しています。
ポジション値のアナログ出力を標準装備としました。
データ処理用のUSBインターフェースを標準装備としました。USBのサンプリング速度は、100回/秒(10 ms)となります。
RS-232C(d-sub 9ピン)を別売品として用意しています、サンプリング速度を高速化(1 000回/秒=1 ms)する場合に購入下さい。
ロードセルの追加、交換時の校正が簡単になりました。
引張試験時に試料を掴むと、試料に負荷が掛かりますが、それを自動で0にする(移動クロスヘッドを微動させる)、機能を別売品(TGI-LOAD)で用意しました。
 
制御盤内蔵型変換器用デジタル指示計 CSD-891B 引張圧縮試験機 TGIシリーズ
お問い合わせ